■ Live at Sometime Jun.7


今日は吉祥寺にある老舗ライブハウスSometimeにCharitoのステージを聴きにやってきました。今宵はサポートメンバーにまわっている福田さん、どんな演奏を聴かせてくれるのでしょうか。お店に入ると、1stステージの最中。テーブルも程よく埋まっています。スタンダードを数曲インストで演奏。今夜も、リズムのキレはバッチリですよ。このスリリングな左手、見てください!


メンバーは、佐藤 慎一(b), 平岡雄一郎(g), Cecil Monroe(ds)という顔ぶれです。福田さんがMCを担当。この中では一番のキャリア(?)

そして、今宵の歌姫チャリートの登場です。底抜けに明るく陽気なキャラクターはさながら「南の島の真っ青な空」ってところでしょうか。時々もつれる(?)日本語トークもなかなかチャーミングです。

チャリートの持ち味は、なんと言ってもそのパワフルな歌唱力。全身からエネルギーがにじみ出てくる感じがします。見ている私もつられて元気になるから不思議。今日は2セットのステージですが、Pops、Jazz、Latinなど、幅広いジャンルからレパートリーを披露してくれました。
一言で感想を表すなら「楽しい&気持ちいい」かな?

福田さんだって、負けていませんよ!チャリートのシャウトにピアノで応戦。するとドラムのセシルがすかさず反応。。。
うぅ〜ん、これぞライブの醍醐味ですね。楽しい〜!!


福田さんとはペンタグラムで一緒に活動しているセシル・モンロー氏。

「セシルちゃん、最近すごくイイんだ。」
福田さん、どうやらとっても気になっている様子。実はこの夏から福田重男トリオにお目見えする予定です。楽しみですね。


最後にファンの皆さまのために福田さんのフォームを初公開!! この、「ライオン」みたいな形があの強くてしなやかな音のヒミツかな?

「えっ?こんなのいつ撮ったの?全然気づかなかったよ。」だって。フフフ。キャロルは神出鬼没なのだ!


 
Report by - Caroline 
■■■


HOME | column | blog | bbs | biography | discography | live information
Copyright 2001 Shigeo Fukuda