■ ホーム・ページ開設にあたって−福田重男

ジャズをはじめて、かれこれ20数年たちますが、自分自身のピアノなり、音楽を、音楽以外のメディアを使って自分自身でアピールした経験、体験は、ほぼ皆無に等しかったと思います。

もともと、僕自身がジャズを始めたきっかけは、極めて個人的な意思(動機)による ものですから、他者はまったく関係のないものでした。 勿論アイドルも存在しましたし、師匠をはじめ、プロになってからは、一緒にプレーしてもらった先輩、同僚からのアドバイスは、貴重な刺激であり、自分自身の音楽を形成するにはなくてはならないものでした。 ですから、一人よがりで、他人とは一切関係がなかったというのとは、まったく別物です。 ソロより気心のあった仲間達とバンドでプレーする方が、好きなのは今も昔も変わりません。

一緒にプレーしたミュージシャンに褒められたり、お客さんに喜んでもらえるのは、とっても嬉しい事で、これ以上の喜びはない、と言っても過言ではありません。 但し、これはあくまでその場(ライブ、レコーディング等)、その瞬間の出来事であっ て、形として残るものでもないし、他人に伝えようのない事です。 ミュージシャンにとっては、これが一番の“薬”で、モチベーションの源泉とも言え るものなんですが・・・。

話は変わりますが、先日“鈴鹿8耐”(2輪の8時間耐久レース)に行って来ました。 僕は子供の頃から、車、モーター・スポーツが大好きで、世間で“セナ、プロ対決”ともてはやされていた頃、どっぷりF1にハマッテいました。 もっとも僕は大のナイジェル・マンセル(F1ドライバー)フリークでしたが。

その当時(バブルの真っ盛り)の鈴鹿サーキットは、まさに日本のF1ファンの“聖地”のような場所でしたが、無理をして何度も足を運んだものです。 キラ星のようなドライバー達と、最高のマシン、超満員の観客、鈴鹿はファンにとって、確かに“地上の夢”でした。

ところが今回、決勝前日の予選終了後のサーキットに足を運んで、愕然としたんです。 僕は前夜祭のイベント仕事で行っていたので、パドックからサーキットを見渡したんですが、グランド・スタンドの観客もまばら、勿論コース上に走っているマシンもありません。 何と言う寂しさ、その寒々としたコンクリートの世界に、心が凍てつきました(気温は32〜33度位あって、それこそ蒸し風呂のようでしたが)。 地上の夢どころか、“賽の河原”だったのです。

地獄を天国にするのは、やはり人の力なんですね。 ドライバーは無論ですが、メカニックをはじめ多くのスタッフがいて、主催者、スポンサー、etcがいて、なにより多くの溢れんばかりの観客がいて、初めて“地上の夢”が実現するんです。

ジャズ(音楽)も同様だと思います。ドライバーがいくらいいラップ・タイムを出しても、観客がいなかったら、モーター・スポーツとして成り立たないように、 いくらいい演奏をしても、お客さんがいなくては、ジャズも成り立ちません。どんな分野も、人と人の繋がりがなくては、隆盛はないという事ですね。

このページが僕と僕の音楽を、より多くの方達に知って頂く窓口になれば幸いです。 また、皆さんの声を出来る限り反映する場になればと、願っております。宜しくお願い致します。僕としては、音楽そのもの以外の初めてのアピール、発信の場ですから、、、。

最後に、このページを立ち上げる原動力になったお二人に感謝します。 コンピューター・ミュージックの分野でご活躍の西園陽子さんと、デジタル・コンテンツ・デザイナーの別所ひろみさんです。 ありがとう!

■■■

HOME | column | blog | bbs | biography | discography | live information
Copyright 2001 Shigeo Fukuda