■ Live at Shinjuku Pit Inn Jan.13


今日は新宿PitInnより、藤陵雅裕カルテットをレポートします。
少し遅れてスタートした昼の部は3部構成。メンバーはいつも通りで、リーダー藤陵雅裕(sax)、香川裕史(b)、本田珠也(dr)、そして福田重男(p)。PitInnという場所柄でしょうか、それともバンドのカラーなのでしょうか、お客様も真剣な面持ちの方が多く見受けられ、まさに「コアなJazzファン」といった印象。若い層のファンが目立ったのも印象的でした。

藤陵雅裕(sax)



香川裕史(b)
一曲目は「ファン・カレロ」。ん〜。カッコイイです!このカルテットは、すごくアグレッシブな感じですね。肩の力の抜けた円熟プレイもいいですが、こういった「研ぎ澄まされた」雰囲気もまたJazzの魅力のひとつです。「男の世界」って感じでかっこいいなぁ。
曲目は、スタンダードやマービン・ゲイの「What's Going On?」などもありましたが、メンバーのオリジナルがバランスよく選曲されていて、楽しめました。

ドラムの本田珠也さんのオリジナル、アフリカをイメージして創ったという「Silver Back」は、まさにサバンナを連想させるビートが、何だか胸をワクワクさせるような素晴らしい曲でした。福田トリオではおなじみの珠也さんですが、実はオリジナル曲を聴いたのは今日が初めて。リーダーアルバムも聴いてみたくなりました。因みに後から福田さんに教えてもらったのですが、「Silver Back」は「ゴリラが年をとると、背中が白くなってくる」っていう話をきいて生まれた曲だとか。もっとロマンチックな曲に聴こえたけどなぁ。

本田珠也(dr)

福田さんのオリジナルからは、「Lullaby」、「Don't Be Silly」の2曲を演奏。「Don't Be Silly」は邦題を「馬鹿言ってんじゃないよ」と言うのですが、普段のちょっぴり「べらんめい」な口調を彷彿とさせて、いつも「クスッ」とさせられます。とってもクールな曲なんですよ!


ステージ全景。今日のステージは「かっこいい」の一言につきました。


 
Report by - Caroline 
■■■

HOME | column | blog | bbs | biography | discography | live information
Copyright 2001 Shigeo Fukuda