■ Interview about Recording of INNER VIEWS


2002.6月に発売され、大好評の2ndアルバム「INNER VIEWS」のレコーディングを振り返ってお話をきかせていただきました。(Oct.28.2002)


---インナー・ビューズ発売から数ヶ月経ちましたが、反応はどうでしょう?
「日本人離れした」とか、「外人みたい」っていうのは結構言われるかな〜。
知り合いからこんな話をきいたよ。ある店のマスターに「これって誰だと思う?」って言って聴かされたCDがあって、またマスターがマニアックな向こうのCDを探してきたんだと思って、見たらインナー・ビューズだったんだって。「ケニー・カークランドでもないし、スティーブ・キューンでもないし、でも絶対日本人じゃないと思ったからビックリしましたよ。」って言っていた。オレ自身、ケニー・カークランドも、スティーブ・キューンもすごく好きなピアノだから、最初にそういうのを連想されたっていうのは結構うれしかったね。

---ジャズ批評にも取り上げられていましたね。
書いた人はピアノ弾く人なのかなって思うくらい良くわかった書き口だったんで、結構びっくりしたよ。

---現代の日本ジャズ界では、70年代のようなカリスマ的で知名度のあるピアニストは少ない。しかし、実際は現代の方が実力のあるピアニストは多く、福田重男も幅広い音楽経験を自らの肥やしとしてきた実力派である。N.Yの大物ミュージシャンを従えても、少しも「胸を借りる」的なところはなく、細部までアレンジが行き届き共演者にニュアンスまでも伝わった、まるでレギュラートリオのような完成度のアルバムである。といった内容でしたね。(季刊ジャズ批評No.113 特集「続ピアノ・トリオ最前線」−ジャズ批評社)

---このライターの方は、ご自身もハウスピアニストをしている方らしいですよ。
あぁ、やっぱりそうなんだ。是非一度お会いしてお話してみたいな。

---今回は素晴らしいオリジナルが多く収録されていますが、福田さんは曲を作るときどんなプロセスを経て作るんですか?
いくつかパターンはあるんだけど、リズムとメロディーから決まってくるときと、メロディーとハーモニーが一緒に浮かぶときとあるね。

---コード先行で、アドリブ的にメロディーということは?
んー。自分の中では、それは作曲とは考えていないな。それはアドリブ。ビバップみたいな曲は自分ではあんまりつくろうと思わないんだけど、それはなぜかというと、アドリブしたら他の曲と同じになっちゃったりするでしょ?

---バップ・ビーの途中からコンファメーションになちゃったりとか?
そうそう。そうじゃなくて、やっぱりまずいいメロディーがあって、それにハーモニーがついていて、しかもそのハーモニーがなにか新しい進行を含んでいたら、それでアドリブしたら、今までになかったアドリブができるわけじゃない?そういう曲を創りたいよね。

---それって、すごくジャズ的な発想ですね。アドリブのない音楽だったら、そういうことってあまり重要視されないと思うのですが?
新しいコード進行を創りたいっていう欲求はあるよね。頭に浮かんだものを書いたら、たまたまあの曲に似てましたみたいなのは別にアリだと思うんだけど、あらかじめ「ナニ風のコード進行で」みたいに仕組んで作ったら、それは作曲って言うのかなぁ〜?と思うよ。なんか安易な感じがして、自分の曲として世に残すのには抵抗があるな。

---今回共演したミュージシャンについての印象を聞かせていただけますか?
アル・フォスター(dr)に関しては、曲に対する理解度がものすごい人だよね。ヒタヒタっとしたところはグッと抑えていて、ここにこういう風に来て欲しいってところに、「パシャーン!」ってくるからね。バランスと構成力が素晴らしい。瞬時に全体像を捉えて大胆にっていうのは、見習うべきと思ったね。ドラマーとしては、スゴイ才能だよね。ホントに参りましたって感じ(笑)。

---チャ-ネット・モフェット(b)のほうは?
最初に一曲演ったとき、これはとんでもないヤツと組んじゃったなと思ったよ。あまりにもガンガンに弾きまくりだったから。もっとインテリジェントにやってよってね。そういうスタイルの人だっていうのは知っていたし、演奏も聴いたことあったんだけど、僕の認識が甘かったね。

---でも、アルバムを聴く限りではそんな風には聴こえませんが?
途中で軌道修正したから。「オールド・アンド・ニュー」を最初のほうに録ったんだけど、ファーストテイクはボツにした。アルバムに入っているのはやり直したほう。アルがチャ-ネットに「おい、オマエのアルバムじゃないんだから、もうすこし考えろよ。」なんて言ったりして(笑)。欲を言えば、ベースもアル並の理解度だったら尚よかったな。でも、あの二人のバランスだから良かったのかもしれないけど。

---向こうのミュージシャンは福田さんの曲については何かコメントしていました?
アルは「モホーク・ドライブ」、「レイチェルズ・ラメント」、「インナー・ビューズ」の3曲はお気に入りだったよ。もの凄くいい曲だねって。

---福田さんのプレイについては?
「ブレイムイット〜」を弾いたら、アルがレッドガーランドみたいだっていうんだ。スタイルは全然違うんだけどね。でも、言わんとするところはなんか分かるでしょ?力が抜けたタッチっていうかね。

---レコーディングはスムーズに行きました?
うん。面白いことがあったよ。アルは「バップ・ビー」があんまりしっくり来なかったみたいで、サビのコードが変だから太鼓叩けないなんて言って、シゲオここコード変えろとか言ってさ(笑)。オレにはよくわかんないんだけど、このコードはバップじゃないって。キースの曲だから勝手に変えられないって言ったら、なんでキースの曲をやるんだ、シゲオの曲をやれとかって言って(笑)。
この曲好きだからやりたいんだって言ったんだけど、大体キースはバップなんか弾けないだろうなんていう発言にまで至ってしまった(笑)。普通なら、このオヤジなに言ってるんだってことになるんだけど、あのアルに言われると「そうか〜」なんてミョーに納得しちゃったりして。結局、演ってみたら良かったんで、じゃぁいいかってことになったんだけど。

---説明ってどうしたんですか?
ニュアンスなんかは言葉では大して説明していないよ。アルは譜面が読めない人なんで、弾いて聞かせて、そこからキャッチしてって感じ。こんなやり方で終わるのかなぁなんて思ったけど。ブレッシングのときは、ロンもジョーも譜面バッチリの人達だから、説明っていうよりも譜面渡して、じゃぁヨロシクって感じだったからね。

---じゃぁ、ブレッシングとは制作工程が全く違うわけですね。
うん。ブレッシングは17曲くらい録ったんだよ。サクサク録っちゃったっていうか。今回はリハの日っていうのはなくって、弾いて聞かせては録り、弾いては録りって感じ。でも、そうやってきっちり曲を覚えてから演ったんで、良かったかもね。

---予想と違ったできばえの曲ってありますか?
あんまりなかったなぁ。今回はデッサンは済んでいて、色だけ塗りに行ったみたいな感じだったからね。日本でも何度か演奏してから行ったじゃない?だから、ビジョンも結構はっきりした状態で行ったからね。あぁ、こんなに深い水色で空を塗るんだとか、そういう驚きっていうのはあったけど、えぇー空赤く塗るのー?みたいなのは今回はなかったよ。

---ブレッシングのときはあったんですか?
あれだけのミュージシャンとやるのが初めてだったんで、予想っていうのも特にしていなかったけど、バラードがこんなに良くなるんだって驚いたね。帰ってきてからそのギャップに戸惑って、「ブレッシング」って曲はしばらく演奏しなかった。今回はそういったのは帰ってきてからもなかったけど。「ブレッシング」は、日本のベースでは小杉敏さんが一番いいね。小杉さんとやって初めていい曲に聴こえたと思うよ。だから、最近時々演るようになった。

---ブレッシングのときからすると、色々変化しているなという印象があるんですが。例えば今回の方が、ピアノの存在感が前面に出ているように感じます。
確かにそうかもしれないね。でも、ブレッシングを経なければそういう風にはできなかったと思うよ。あのときはもう、それどころじゃないっていうか。

---というと?
ロンカーターと初めてやるというのは、もう、すごく未知なことなわけだよ。ロンはジャズの本場アメリカのミュージシャンであり、オレがジャズを志すきっかけを作ったマイルスバンドの一員だったわけで、言ってみれば自分のジャズ感の中の理想的なポジションに居る人なワケだよ。質感もレベルも最高峰なわけでしょ? まさにロンが居るようなところを目指して今までやってきて、それでいざ合わせてみて果たして通用するのだろうか?という思いがあったからね。それでうまく合わなかったら、自分はまだまだなのか、あるいは今まで信じてやってきたことが間違った方向に進んでいたのかっていうことになるわけじゃない?だから、あの時は最初のうち結構緊張してたよ。

---福田さんが緊張?
ロンとの最初のリハはさすがのオレも手がガチガチに硬直したよ。普段は滅多にそんな風にならないけどね。ブ〜ンって音が出て最初の8小節くらいはそんな感じ。でも、8小節くらいやったら「あぁ、オレのやってきたことは正しかったんだ」って思った。だから、それ以降は緊張状態からは開放されたね。

---たった8小節ですか。その「オレのやってきたこと」っていうのは具体的に言うと?
音楽にはいろんな要素があって、例えばテクニックを追求する人もいるし、あまり巧くはないけど味のある人もいるよね?僕が追求しているのは2拍4拍のポイントの位置っていうのかな、向こうのミュージシャンはポケットっていうんだけど、演奏している全員が吸い込まれて行くポイントっていうのがあるんだよ。で、そのポケットをいかにピシッとシャープに決めることができるか、いかにスイングするかっていうことを追求してきたワケなんだけど、ロンとかジョーはそういった意味では、完璧なミュージシャンなんだよね。で、その彼らと演ってみてピシッと決まったんで、そう思ったわけ。

---どういうきっかけで、そこを追求するようになったんですか?
まぁ、あるとき突然とかじゃないんだけど。昔ね、ミュージシャン仲間で「どういう演奏がいい演奏か?」みたいな話をしてたわけ。誰はいいけど、誰はイマイチだねとかさ。で、やっぱり、ニィヨン(2拍、4拍)のスピードがあるのがいいんじゃないかなんていう話になってたワケよ。で、あるとき、ドラムのジョージ大塚さんと演奏していたときに、一緒に演ってたヤツにジョージさんが「お前はイチサンが速くて、ニィヨンが遅いから一番スイングしないタイプだな。」というようなことを言ったんだよね。イチサンが速いっていうのは、前に倒れ込んじゃうんで、転ぶって言うかどんどん走っちゃうんだよね。で、イチサンはジャストでニィヨンで速度を稼ぐのがいいんだなっていうのが、だんだん解ってきたんだ。それをやるとどんなビートでも同じように上手くいくと思うよ。

---それは興味深い話ですね。
なんだけど、やっぱりそれだけでもないんだけどね。(笑)
ロンとか、チャーネットなんかは一緒に演ってると明らかに速いんだよ。イチサンもね。一緒に車で走っているとすると、ちょっと鼻の先が前に出てるわけ。で、ベースが前に出てると、大抵のドラムは同じ位置に追いつこうとしてしまうんだよね。だけど、アル・フォスターは絶対に前に行かないんだよ。ずっとちょっと引っ込んだまま進んでいくわけ。そういう感覚は一人の人間の中にもあって、シンバルは先端をついているんだけど、スネアは微妙にうしろにいたりしてね。だからイチサンはジャストでニィヨンは速いっていうのは、応用しやすくて分かり易い理論なんだけど、いいグルーブっていうのは、そう単純な話でもないなっていうのが、最近の感触だね。

---2拍4拍のスピードということに着目するようになって、ご自身のグルーブは変化しました?
ん〜。根本的には変化してないと思うよ。昔の録音とか聴いても、8分音符のスイング感は結構ちゃんとしてたかな。勢い余ってずれちゃったりっていうのはしてたけどね。まぁ、ずれちゃうっていうのは大した問題じゃないんだよ。メトロノームみたいにずれないでやるっていうのは、野球で言ったらストライクゾーンばっかり狙って球を置いていくみたいなもんでさ、勢いがないとダメだよね。みんなホームラン打たれちゃうじゃない?思いっきり投げて、ストライクとボールの境目の所にズバッと入るから球が生きていて決まるんでさ。音楽も同じで、ずれないようにっていうのに気を取られていると、思いっきり行けないからあんまりいい演奏とは言えないと思うんだよね。

---その辺の「勢い」が「外人みたい」と形容される所以では?
大体の場合、その形容はほめ言葉として使われているんだけど、でも日本人なのに外人みたいっていうのがほめ言葉っていうのっておかしいなと思うけどね。なんか、日本人はダメだっていうニュアンスが含まれているじゃない?日本人だって、いいところ沢山持っているよね?という反面、これだけ世界の境目がなくなってきているんだから、日本人だから日本人らしいジャズとかっていうのも、おかしな話だよね。そんな必要もないしさ。日本人だっていい人もいるし、黒人ミュージシャンだってスイングしないのも沢山いるよ。

---最後に、今後の創作活動についておききしたいんですが、方向性としては、なにか具体的に考えていらっしゃるんですか?
具体的にはないけど、曲によって編成を変えたりっていうのはやってみたいな。この曲にはこの楽器を使ってみようとかね。こういう形態のバンドを組もうとかっていうのは、特に考えてないんだけどね。

---近いうちに、また新たな「福田ワールド」を見せてくださいね。どうもありがとうございました。


インタビューから数ヶ月の後、JAZZ LIFE ディスクグランプリ2003において、INNER VIEWS が Jジャズ・ベスト15 に選出されました。また、同アコースティック・ピアノ部門では、ブラッド・メルドー、キース・ジャレット、ハービー・ハンコック、小曽根 真などのアルバムに次いで第5位にランクインし 「正統的知性派ジャズ」と賞されました。福田さんの「等身大」のアルバム、・・・とするとどうやら彼はかなりBIGなアーティストなんじゃない?・・・と思うのは私だけ??


Report by - Caroline 
■■■

HOME | column | blog | bbs | biography | discography | live information
Copyright 2001 Shigeo Fukuda