■ Interview about 2nd Album


6月に発売になる2ndアルバムのレコーディングを間近に控えた福田さんに、都内のライブハウスでインタビューしました。この日は福田重男トリオでの演奏で、アルバムに収録予定の曲も演奏されました。( Mar.1st.2002)


---今回もピアノトリオですか?
そう。Bassが Charnett Moffett 、Drumsが Al Foster のトリオで、ニューヨークで録音します。

---トリオにしたのはどういう理由で?
ピアノトリオっていうフォーマットは、言ってみればありきたりなものだよね。それを敢えてトリオにしたっていうのは、いろいろ理由があるんだけど。ホントはピアニストが自分自身を表現しようと思ったら、ソロが一番わかりやすいんだよね。ただし、ジャズっていうのは人と演る音楽だからさ。それに、アフリカが起源の音楽だから、ジャズというカテゴリーで何かをやるんだったら、やっぱり太鼓とやりたかったんだよ。でも、太鼓とピアノっていうのもちょっとね。ってことで、ピアノトリオ。

---じゃぁ、ソロっていう選択肢は最初からなかったんですか?
ソロピアノって、キースのケルンコンサートみたいなすごくオリジナルなものと、ハンクジョーンズがスタンダードを素材にさらっと表現するみたいなものと、大きく分かれると思うんだよね。でも、どっちって今の自分には選びきれないんだよね。それもあって、ピアノトリオってことに落ち着いたんだけど。

---じゃあ、いつかはソロピアノも聴かせてほしいですね。
そうね。いつかはやってみたいよ。
ソロはいいピアノがあって、いいミキサーがいればどこでもとれるしね。

---メンバーはどうやって決まったんですか?
ギターの吉田次郎さんが色々コーディネートしてくれたんだよね。この人はミュージシャンでもあり、プロデューサーもやってるって人でね。アルとやりたいっていうのは最初からきまってたんだけど。

---プロデューサー・サイドからアルバムのコンセプト等の注文はあったんですか?
そうだねぇ、まぁジャズの場合は曲名は決まっててもさ、内容はアドリブが勝負な訳じゃない?今回は好きなようにやるってのが方針なんで、ホントは一番ありがたいんだけど、じゃあどうするってのがなかなか決めにくくてね。オリジナルを中心にするのか、スタンダードにするのかってのはここでも大きく関わってくるよね。それが決まってしまえば、あとは楽だね。まぁ、オリジナルが出てこない時は、産みの苦しみってやつもあるけどね。

---で、今回はどういうふうに?
曲数を減らして、1曲をじっくり長めに入れようかと思ってる。ブレッシングのときは、スタンダードをわりと色々録ったんだけどね。オリジナルは全部(5曲)入れるつもり。

---オリジナルは新曲だから、少し紹介していただけます?
・「no title」 これはカリプソのリズムで、ふざけて「スーパーマリオ」とか呼んでるんだけど、意外とライブウケがいいんだよね。まだ題名がついてないんだ。
・「Old And New」 ライブではスタンダードっぽいって言われた曲。
・「レイチェルズ・ラメント」 これは「ブレードランナー」っていう映画に出てきたレイチェルっていうレプリカントを題材にして書いた曲。(注;とても美しいバラードです)
・「no title」 ファンクっぽいリズムでやろうと思っているんだけど、「カンタロープ・アイランド」とか「ウォーターメロンマン」みたいに形を先に決めて作ったんだよね。僕の大好きなナイジェル・マンセルをイメージして書いたんだけど。
・「no title」 メロディーもベースラインもあまり動かずに、サウンドの色が微妙にかわっていくっていう曲。ずっと同じような景色が少しずつ変わっていって、森を抜けたら滝があって、みたいな。グラデーションというか、少しずつ変化していく妙というか、そういうものを表現したかった。

---オリジナル以外はどんな感じのものを?
「ピノキオ」って曲とキースの「BopBe」を入れようかなと。ピアニストの曲は「BopBe」だけかな?やっぱり、どうしたってオリジナルに影響されがちなんだよね。あれだけの人たちが自分で創って自分で弾いてる曲を、同じ楽器でって難しいよね。キースのキースらしい曲をオレがわざわざアルバムにいれなくってもねってのがあるよね。

---「BopBe」はライブでもよく演奏されますけど、福田さんのリズムを感じるには、すごく合っている曲だと思います。
あの曲はさぁ、キースの曲ではあるけれど、もともとビバップの進行に乗って作ってあるから、「いかにもキース」みたいな曲じゃないからね。途中から「Confirmation」になっちゃったりしても、全然平気だもんね。(笑)

---前作を発表してから、4年ほど経ちますが、その間に福田さんのなかで変化はありました?
「ブレッシング」を録ったときは、いいスイングとごく自然なさらっとした質感を出したかったのね。っていうのは、日本人にありがちな「情念のはけ口」的な演奏になってしまうのがいやだったんだよね。もっと、ごく自然に「えっ?どこが?」って感じのさりげないものに仕上げたいなって。でも、今回はもう少し展開をきかせてみようかなと思ってるんだ。人間ってのはさ、カッコつけても大して変わらないでしょ?それをここ数年で確信したんで、オレがハチャメチャやっても、どろどろにはならないだろうってことがわかったんだよね。だったら、もう少し自分自身をさらけ出してみようかなってね。

---今度のレコーディングにはどんなことを期待してます?
オレが期待してるのは、思いもよらないモノが出るってことだな。ジャズのいいところはさ、予期せぬハプニングが起こるってとこだよね。「えぇっ!こんなに良くなっちゃうの?」っていうのがいいとおもうんだよね。自分が思いもよらないところに展開して行って、結果が思っていたよりも全然良かったら最高だよね。

---今回のメンバーは、初めて一緒に演るわけでしょう?逆に思いもよらないくらい悪くなってしまう危険性もありな訳ですよね?
悪くなってしまうっていうのは、メンバーがメンバーだし、あんまり心配してないよ。一流のプロミュージシャンってのは、テクニックだけじゃなくて曲の理解度とか、全部含めて一流なわけだしさ、別のジャンルの人とやるわけじゃないからね。その辺は、信頼してるから。前回ロン・カーターとやったときのほうが、もっと未知数だったから、どうなるやらって気持ちもあったけど、それを経験したから今回は全然平気。

---今回のレコーディングスタッフはみんなN.Yの?
そうだよ。

---N.Yで録音される方が多いですが、日本とどこが違うんですか?
むこうは空気が乾燥して楽器の鳴りがいいのもあるし、ミキサーが抜群にいいんだよね。サウンドチェックなんかも、すごく念入りにやってくれるしね。たとえばピアノを録る場合だと、まず適当に弾かされてね、こちらのタッチとかダイナミクスレンジとかをみながら、マイクの位置を変えたりとかさ、「こいつの音を100%引き出すにはどう録るか」っていうことをしっかり考えてくれる。正に「人が人の音を録る」っていう感じがする。自分が録った音に誇りと責任を持っているっていうかね。残念ながら、日本ではそういう経験したことないなぁ。

---着いてすぐのレコーディングですが、時差ぼけっていうのは?
あんまりないと思うけど。

---レコーディングは昼間ですか?
そう。俺らって普段は夜が仕事じゃない?だから、かえってちょうどいいかもね。それに、普段だって寝不足でも二日酔いでも演ってるわけだからさ。気合でアドレナリンを出せば大丈夫だよ。多分。(笑)

---レコーディング前は普段となにか違います?
普段は日常に流されて、あまり深く自分自身を見つめる機会ってないけど、ここ一月くらいは、曲作りとか絞込みなんかで、かなり芸術家らしい生活をしたよ。

---レコーディングはむしろ楽しみ?
そうだね。もう、やることはやったし、あとはどうとでもなれってかんじで。スポーツと同じで気負わないことが大事だよね。変に気合入れ過ぎると、かえってちまちましたりしてさ。あれもこれもって気負いすぎると用意されたものみたいにになってしまうから。それよりも、聴こえてくる音を待つっていうか、自然に降りてくるものを素直に出すほうがいいよね。自分の魂を通らずに出る音をいくら出したって、意味ないからね。

---是非ここを見てほしいってところありますか?
今の等身大の音楽だね。

---今の福田重男を見てくれと。
うん。


インタビューに答えてくれた福田さんは、いつもとちっともかわらないリラックスした雰囲気でした。「等身大の福田重男」の音がたくさん詰まったアルバム、早くきいてみたいですね。楽しみにしてますよ!Bon Voyage,福田さん!


Back to INDEX
Report by - Caroline 
■■■

HOME | column | blog | bbs | biography | discography | live information
Copyright 2001 Shigeo Fukuda