2001年8月16日
帝国海軍〜海上自衛隊その1
帝国海軍〜海上自衛隊その2


2001年8月16日

今日8月16日は、赤坂B―flatで僕のトリオに最近売り出し中のakikoを迎えて、ライブを行いました。
お盆休みという事もあって、お客さんの入りが少々心配でしたが、まずまずだったので、一安心。
来てくれたお客さん全てに、ありがとう!
珠也も武田もいい演奏をしてくれたし、akikoちゃんもなかなか良かった!
さて、今日は最近取り沙汰されていた、靖国問題(8月15日は終戦記念日)の翌日で、日本の戦後は8月16日から始まった。僕のバンドもこのページの日記も再出発、 出発の日としては、うってつけの日と言えるだろう。


帝国海軍〜海上自衛隊その1

8月21日〜8月23日にかけて、実に貴重な体験をさせて頂いた。

20日に清水の“くわいえっとはうす”でのライブ(藤陵雅裕4)のあと、車で一緒に行った本田珠也d君と東京に帰って来たのは明け方だった。 ベッドに入って寝たのは、21日の朝、7時近かったと思う。

昼近くに鈴木ウータンd氏の電話で起こされた。「明日の呉の仕事だけど、台風が明日の明け方関東地方に上陸しそうだから、 今日中に呉に行けないかな〜」。そこで早速、眠い目をこすりながら身支度をすませ、家をでたのが、午後2時過ぎ。 ところが、東京駅はすでにパニック状態で、新幹線は動いていなかった。当然一人で行くものと決めていたのが、足止めをくっていたウータン氏と晴れて?合流。 もう一人この日一緒に行く予定だった、ベースの小井政都志氏とも、ようやく動き出した新幹線の新横浜駅のホームで合流。この時点で、既に午後5時をまわっていた。

途中、熱海あたりで雨の通過待ちをしたりしたが、僕らの乗った“のぞみ号”は無事広島駅に午後11時ごろ到着。 今回の仕事で大変お世話になった山本一洋さんのお出迎えをうけ、早速広島の飲み屋に急行!鯵のさしみの甘味、地鶏の歯ごたえに舌鼓を打ちながら、 呉のクレイトン・ホテルに着いたのは、もう23日の午前1時を過ぎていた。 なんと長い一日だった事か。 でも、予期せぬ“珍道中”、後から思い返すと、何故か楽しい思い出しか残らない。不思議だ。

23日は、早朝から台風をおして駆けつけた、小笠原千秋vさんと辻邦博g氏と無事合流し、晴れて5人のメンバーがそろった。 仕事の内容は“稲田悟大佐退官記念クルーズ”での船上コンサートである。 “風”と“揺れ”との戦いで、正直言って、音楽どころではなかったが・・・。しかしこれもまた思い返せば楽しい思い出だ。

稲田さんは、海上自衛隊の名物司令官で、破天荒な生き様と部下思いの人柄が、多くの人を引き付けてやまない、映画の主人公のような人物である。 退官記念にこのようなセレモニーが行われる事は前代未聞で、 後にも先にもこの様な事は、海上自衛隊史上ないそうだ。


帝国海軍〜海上自衛隊その2

僕は、親父が陸軍航空隊のパイロット(飛行機乗りと言った方が感じが出る)だったので、小さい頃から、太平洋戦争の話をよく聞かされて育ったんです。 それで、自然と陸海軍に興味を持ったのだと思います。 もっとも最初は、プラモデルで飛行機を作るところから始めました(プラモデルの方は、ドイツ軍の戦車の製作に一番燃えましたが)。

海軍への興味が募ったのは東宝映画「山本五十六」や、「トラ、トラ、トラ」(これは日米合作の20世紀フォックス映画で、 僕が時々共演するボーカルの桝田屋ノリコさんの父君、桝田利雄さんが日本側の監督だ)を見てからだろうか。 もともと歴史が大好きだったので、歴史に翻弄される帝国海軍の盛衰に、じ〜んと来てしまったんだろうと思います。

海軍が好きだなんて、知らない人が聞いたら、おまえは右翼かと勘違いされそうですが、実際の海軍は実に合理的で、スマートな集団だったんです。 我がマンちゃん(N、マンセル)の故郷、大英帝国の海軍を模範にしてましたからね〜。 この辺に興味のある人には、阿川弘之の海軍提督3部作(新潮文庫)「米内光政」、「山本五十六」、「井上成美」がお奨め!ヒーローがすきなら「山本五十六」から。 海軍=軍国主義と思ってるインテリ?なら「井上成美」から読むと良いでしょう。

そんな僕ですから、呉は海軍ファンにとってはまさに“聖地”(F1ファンの“鈴鹿”みたいなもの)。 パーティーの行われたフェリーが、呉港を離れた時は、ある種の興奮を覚えました。きっと連合艦隊の精鋭たちも、この景色を見ていたに違いないのですから。 この時は、誰もいないデッキで一人悦に浸っていました(危ねー!)。ハイ。

演奏終了後(演奏は前述したようにメロメロ・・・)、私服のおとなしそうな叔父さんが、僕に話しかけてきたんです。 「実は私の息子が、ミュージシャンになりたいといって、東京の専門学校にかよってるんですが〜・・・、どうすりゃ良いんですかね〜etc」。 僕と辻さんで、勿論誠意のこもったアドバイスをしたんですが、名刺を頂いてビックリ。 何と、なんと、日本では最大級で最新鋭の護衛艦“いなずま”の艦長!だったんです(徳永さん、失礼しました)。

その後、打ち上げの席で、稲田指令とご一緒させて頂いたのですが、翌日潜水艦と護衛艦に招待するから、是非と言われちゃったんですよ。 僕は翌24日は新宿Jで仕事だったので、最初お断りしたのですが、「遅れそうになったら、厚木までヘリコプターで送ってやるよ(ホントか!)」と言われ、 見学させてもらうことに決めました。

潜水艦“みちしお”はその他数隻の潜水艦と共に係留されていたんですが、もちろんこんな至近距離で見るのは初めて。 ここはUボートの基地かと即思っちゃいました(オレもほんとミーハーだよな)。 内部は想像してた以上に狭く、ベッドは3段ベッドで、僕だったら間違いなく起きるだびに、頭を強打しそうなくらい、上下のスペースがないので驚きました。 男の仕事場は狭いのだ!F1のコックピットを見よ!(オレの部屋も勿論チラカッテいるから狭いよ)

何と言っても潜水艦で一番感激したのは、言うまでも無く潜望鏡だ。物凄く精度の高いレンズなんでしょうね。 標準、6倍とも明るさといい、解像度といい文句なしでした。 実は潜望鏡の前で記念撮影もして頂いたんです(家宝にします)。潜水艦の乗員は、攻撃されて撃沈したら、全員助かりようがないので、 家族以上の信頼関係が自然に出来てしまうそうだ。何だか感動的ですね。また潜水艦の乗員は、もっとも厳しい適正検査を掻い潜った人に限られるそうだ。 もっともだと思う。我が儘で、短気な僕なんか、あの中にいたら、即気が狂ってしまいそうだもの。

護衛艦“いなずま”では、昼食をふるまって頂いた。そしてあの徳永さんが、海軍士官の白の夏服姿で颯爽と、敬礼で迎えてくれたのだ。 昨日は子煩悩な叔父さんが、今日は紛れも無く艦長殿だ(まるで映画だよ、これは!)。説明され、艦内を見学させて頂いたが、ハイテクが満載された最新鋭艦だ。

ただし、艦長が最後にぼそっと言われた(話し方は昨日と同じ!)一言が印象的だった。「最後は人間ですよ。 弾丸をあてるんだと思う強い意思が大切なんです。私はそう信じたいんです」。いい言葉じゃないか。 ピアノ(音楽)もこれっきゃない、という音を出そうと念じてはじめて、人のハートに弾丸(音)を命中せられると思うから。

こうして、僕の呉、一日海軍体験入隊が終わり、急きょ新宿(現実)へと向かったのであった。

追伸。稲田指令、徳永艦長、その他の海上自衛隊のみなさん、山本さん、青年会議所の皆さん、本当にお世話になりました。有り難うございました。

■■■

HOME | column | blog | bbs | biography | discography | live information
Copyright 2001 Shigeo Fukuda