■「ワイド・アングルズ」マイケル・ブレッカー -福田重男

僕の友人知人の中にはユダヤ系アメリカ人ミュージシャンが少なくありませんが、その中でも特に優れた者(日本ではほとんど無名であっても)には、ホント天賦の才としか言い様のない、圧倒的なものを感じさせられて、よくノック・アウトさせられちゃうんです。

まず、どんな時にも歌がある1)。これってインプロビゼーションを信条とするジャズ・メンにとっては、基本中の基本でしょうが、なかなか出来る事ではありません。無機質で難解なサウンドであっても、これがあると、グッと惹きつけられてしまいますから。有名所ならスタン・ゲッツなんて、これの代表格でしょう。

それから何より、耳の良さです2)。ピッチが良い、聴音が優れている、というような音楽家の基礎みたいなものは勿論ですが、その先にあるものです。今聴こえてる音に、どんな音を混ぜたらベストかを“予測”するハーモニックな耳です。想像力、創造力のある耳と言ってもいいでしょう。マイケルのあのアウトするフレーズは、理論で理解しようとしても、限界があると思います。

最後に構成力です3)。アドリブが、1)と2)としっかりとした構成で演じられた時、もう“参りました”と口を開けるしかありません。そんな時、ふとガーシュイン、ギル・エヴァンス、果てはマーラーやシェーンベルクまでが頭の中を駆け巡って、ユダヤ系音楽家の偉大な血筋に圧倒されてしまうのです。

このアルバムは、そんな三拍子そろったマイケルが、今最も旬なアレンジャー・プロデューサーであるギル・ゴールドスタイン(ギル・エヴァンス直系)と組んだ、15人編成のラージ・アンサンブル。1)2)3)が、最高のリズム・セクションのグルーブと融合した傑作。またまたユダヤ・パワーに脱帽させられました。

- JazzLife 2003年掲載


■■■

HOME | column | blog | bbs | biography | discography | live information
Copyright 2001 Shigeo Fukuda