■ Live at BarBarBar Nov.13


きょうはあいにくの雨です。ここ、BarBarBarは横浜にあるとってもおしゃれで落ち着いたライブハウスです。雨模様もかえってしっとりとしていい雰囲気。ライブの開始を待つ間に、テーブルに置かれたキャンドルを撮ってみました。いかが?
・・・とそこへ福田さん登場。きょうはどんなライブを聴かせてくれるのかなぁ?楽しみですね。


一曲目はトリオで演奏の "When Lights Are Low"。雨模様も忘れてしまうような、明るくゴキゲンなスイングです。 このミディアムテンポのグルーングルーンと楕円を描くビートがたまりません。

今宵のBassは河原秀夫さん、福田トリオではお馴染みのベーシストです。
とってもあたたかくて心地の良い音を奏でる方です。福田さんとは河原さんのリーダーバンド "ペンタグラム" で一緒に演奏されています。

2曲目はガラッと変わって、アップテンポの "Groovin' High"。福田さん、さっき来たばっかりなのにいきなりこのハイテンションのソロはどうしたことでしょう!?もう2ndステージかと思っちゃう緊張感ですね。
今日もいいステージが期待できそうですよ!

そして今宵の歌姫登場。MAYAさんです。
はじめの印象は「ミステリアスなひと」。でも、歌を聴いてみて思ったのは「若々しくてチャーミング」。ちょっと小悪魔的な衣装とメイクのせいだったのかな?

今日は、"Gift"、"Don't Be That Way"、"Georgia On My Mind"などのJazzのスタンダードナンバーと、"アヒルのサンバ"、"おいしい水"、"マシュケナダ"などのラテンナンバーが半々ずつくらいでした。


2ndステージもトリオでスタート。"Eronel"、"I Understand"、"Eye Of Hurricane"と3曲続けて演奏。

これは、Drumsの原大力さん。
愛しそうに楽しそうにドラムをたたく姿が印象的です。曲の途中で、時々「イタズラ」を仕掛けてくるお茶目な一面も。


2ndステージの最後に歌ってくれた、ポルトガル語の "星に願いを" が印象的でした。BassとVocalのデュオで始まって、途中でDrumとPianoが入ってきます。とっても優しい気持ちになりましたよ。


アップテンポのスリリングな曲もいいですが、こういうバラードでも福田さんのピアノは実力を発揮します。透き通ってキラキラする何かが、心にジワーっとしみてくるんです。


3rdステージが終わった後に、写真を撮らせていただきました。

福田さん曰く、「ガーン!と 弾いてるところ」。
ん〜。でもキャロルには、「えぇ〜い!と魔法をかけているところ」に見えるけどなぁ。皆さんはいかが?

演奏はクールなのに、意外とお茶目でしょ?


 
Report by - Caroline 
■■■

HOME | column | blog | bbs | biography | discography | live information
Copyright 2001 Shigeo Fukuda