■ 祐生薫 with ALLEVIA at BarBarBar Mar.29


今日は、昨年福田さんがサウンドプロデュースを担当してアルバムデビューを果たした期待の新人男性ボーカリスト、祐生薫さんのライブです。普段は弾き語りも演る祐生さん、今日はピアノを福田さんに任せて思いっきり歌ってもらいましょう。


まずはトリオでご挨拶。オープニングは、モンクのERONELです。福田さんのイントロに始まって、少しずつトリオの呼吸が合っていくのが手にとるようにわかります。「こんな感じかな?」「んー。もう少しこうは?」「いいねー。その辺だね。」なんて、音で会話してるみたい。CDでは聴けない感覚ですよ。


2曲目は、GO AHEAD NIGEL で、いきなりトップギアまで行ってしまったような盛り上がりぶり。これにはバックで控えていた祐生さんも、ビックリでした。
「ジャズはアフリカから来た音楽だから、太鼓が一番偉いんだよ。」という福田さん。その言葉通り、バッチリドラムが活躍する曲ですね。セシルのソロかっこいいよ〜!

さてさて、今日の主役、祐生薫さんの登場です。「いつもライブはこの曲から始めるんです。」というのは、The Song Is You。「ノッて来るとつい出てしまう」と言うスキャットもゴキゲンです。
「彼はリズムがいいからね。」と福田さんに言わしめるだけあって、バツグンのスピード感ですね。ブルージーな曲あり、バラードあり、色々なスタイルで楽しませてくれます。ウェイン・ショーターのBeauty and the Beast なども披露してくれました。


2ndステージは、Penny Lane、ノルウェーの森など、ビートルズナンバーを交えてのステージとなりました。ビートルズのオリジナルもいいですが、福田さんのアレンジにかかると、その曲の持つ別の顔を見ることができます。正に魔法!ビートルズファンの方、必聴ですよ!


ノルウェーの森は、祐生さんと福田さんのデュオです。歌っている祐生さんもうっとりの耽美なサウンド。溜め息が出ちゃいます。
「なるべく自然体の声で行きたいと思います。」という祐生さんの声もとても澄んでいて曲に良く合います。

そしてこの方、ベースの河原秀夫さんも、ビートルズにはちょっとウルサイ方なんですよ。きょうは、4ビートあり、ファンクビートありで2本のベースを使い分けての演奏です。ファンクビートの INVITATION、カッコよかったなぁ。福田さんが曲を書いて、祐生さんが歌詞をつけたという、Bitter Sweetはエレキベースで盛り上げてくださいました。

今日はサポートにまわっていた福田さんですが、思いっきり演るのはいつもと少しも変わりません。「誰とやったって、絶対レベルは落とさないよ。」という福田さん、カッコイイね。


Report by - Caroline 
■■■

HOME | column | blog | bbs | biography | discography | live information
Copyright 2001 Shigeo Fukuda