■ TRIO' at Alfie 番外編


普段は滅多に見ることのできない、リハーサルにオジャマしました。終始和やかムードで進んでいましたが、演奏は本番さながら。1ステージ余計に聴いちゃった気分です。


「そいじゃ、ぼちぼち始めようか。」市原さんの一声で、リハーサル開始です。
「どれからやります?」 譜面の山を掘り起こす福田さん。余裕の構えですね〜。


まぁ、まずは1曲って事で。。。 ん〜、いきなりカッコイイです。お互いのバランスやノリなどに気を配りながら、距離を縮めていくって感じでしょうか。

1曲終わると打ち合わせです。「イントロのところは、もうちょっとこう、、、」なんて言ってます。


「ふむふむ。じゃ、もう一回やってみようか。」 こうやって音を合わせていくんですね。


これは、森さんの手のアップ。何でも弾けちゃいそうな手ですね。でも、「Go Ahead Nigel 」のベースラインは、難しそうですよ。


福田さんのところにある楽譜見せてもらっちゃおうっと。これは「And They Lived Happily〜」と「To Staffan 」ですね。手書きなんですけど、とっても読みやすいですよ。


新人のひかりさんもリハに加わります。後輩を見守る温かな眼差し。


「今日のピアノはなかなかいいピアノだよ。」 そう、ピアニストは楽器を選べないのです。今日は思いっきり演奏できそうですね。それじゃ、本番期待してますよ!


Report by - Caroline 
■■■

HOME | column | blog | bbs | biography | discography | live information
Copyright 2001 Shigeo Fukuda