■ TRIO' at Alfie Jun. 08


1月にレコーディングされた 市原康率いる「TRIO' 」 のアルバム「What Are You Doing the Rest of Your Life」が7月22日に発売されることになりました。この発売を控え、六本木アルフィーにて行われた「生TRIO’」を聴いてきました。当日は立ち見も出るほどの大盛況ぶり。


1曲目は、セロニアス・モンクの「Straight No Chaser」です。ピアノとベースがユニゾンでテーマを演奏します。ファンキーなビートにアレンジされて、この曲の魅力を再発見!福田さん、何気ない顔して弾いてますけど、これを両手ユニゾンで弾くのって、結構大変なんですよ。さすがだなぁ。


ドラムの市原康さんは、TRIO'のリーダーでもあり、今回のアルバムのプロデューサーでもあります。このアルバムは、ミキサーをオーディションで選ぶという新しい手法で創られたそうです。「レコーディングのとき何度か弾いてるし、ミキサーの選考で何度も何度も聴いたので、曲に慣れすぎたりしていないか不安だったんですが、演ってみたら、みんなきれいサッパリ忘れていて安心しました。」と笑います。
時には忘れることも大切なんですね。


アルバムには、バラード、ミディアム、アップテンポとバランス良く選曲されています。中でも「What Are You〜」や「DINDI」などのバラードの美しさが印象的でした。市原さんのコントロールの効いたドラミング、森さんの丸い暖色系のベース、福田さんの瑞々しく輝くピアノ、絶妙です。


ベースの森泰人さんは、現在スウェーデン在住。スカンジナビアン・コネクションという北欧と日本の掛け橋的な活動をされています。今日は「To Staffan 」と「momo」の2曲を披露してくださいました。「momo」はどこか哀愁を帯びた日本的なメロディーが印象的です。


そして、アルバムのラストを飾る曲「And They Lived Happily Ever After」の作曲者でもある、市原さんの愛娘ひかりさんが登場。満員のお客様の前で大先輩達と演るとあって、「すごいキンチョ−しますぅ〜。」と言って、楽屋では小さくなっていた彼女ですが、演奏を始めたら、堂々としてなかなかいいじゃないですか。これからが楽しみです。親父殿はちょっぴり心配そうでしたけどネ。。。


それぞれが力をぶつけ合うのではなく、お互いに相手の力を引き出し合う、そんな感じの3人でした。年に数回しか実現できないというこのTRIO'、もっともっと沢山聴きたいですね。

Back to INDEX

 
Report by - Caroline 
■■■

HOME | column | blog | bbs | biography | discography | live information
Copyright 2001 Shigeo Fukuda