■ TRIO' at LEI JURIGI Aug.11


アルバム「What Are You Doing the Rest of Your Life」の発売を記念して、市原康率いる「TRIO'」のツアーが行われました。古河-東京-岡山-大阪-浜松と好評を博し、超満員続出だったこのツアー、今日はいよいよ最終日です。


富士山の麓、十里木高原の別荘地の一角にある、LEI JURIGI の入り口を入ると、かわいいワンちゃんがお出迎えしてくれました。お父さんのかばんにおとなしく入って、とってもお利口さん。写真展や撮影などにも使われるこのスタジオ、TRIO'のアルバムのジャケット撮影もここで行われたそうです。


広いスタジオには中央にステージが設けられ、左右に客席というレイアウトでライブはスタートしました。ほとんどマイクを使用せずに生音と部屋の残響だけという、シンプルなセッティングですが、音の美しいこの「TRIO'」を聴くには最適な環境です。テラスで夜風に吹かれながら聴いているお客様も。
選曲はアルバムに収録の曲を中心に、ベースの森さんのオリジナル「モモ」と、福田さんのオリジナル「レイチェルズ・ラメント」をプラスした構成です。お客様からのリクエスト曲も数曲演奏されました。

1stで演奏されたモンクの「Straight No Chaser」は、8Beatにアレンジされ、テーマ部分でドラムが遊ぶという面白い構成です。「初めて演奏したとき、僕がどんなことを演っても、このピアニストなら大丈夫だと思った」という市原さんの言葉が頭をよぎります。


アルバムタイトル曲の「What Are You Doing the Rest of Your Life」は森泰人さんのベースソロで始まります。しっとりと温かく包み込むようなベースの音色に聞き惚れていると、透明感のあるピアノと繊細なシンバルが入ってくるという具合。この場に居合わせて良かったと心から感じる瞬間です。
私のイメージは、「朝もやの中にじっとしていると、さわやかな風と共に、眩い光の粒がはじける」って感じなんですが、皆様はどういうシーンを思い浮かべますか?


そして、「I Love You」や「Go Ahead Nigel 」などでは、福田さん独特のF1マシーンのようなゴキゲンなドライブが存分に発揮されます。左はソロを取っているときの表情。この気迫からあのしなやかなスピード感が生まれるのですね。

そして、忘れてならないのがこの方、TRIO' のリーダーでプロデューサーの市原康さん。決して派手なパフォーマンスに走ることなく、静かに熱くバンドを盛り上げる姿に、長年培ってきたキャリアとプロデューサーとしての実力を感じます。でも、一番楽しんでいるのは、実はこの人かも!

「車旅でメンバー同士親密になった」という言葉どおり、お互いアイコンタクトを取りながら、和やかに楽しそうに演奏しているこのTRIO'、それぞれがシッカリ「自分の音」を主張しているのに、決して打ち消し合わないところはさすがです。
3人がそれぞれに独自の活動を行っているので、「みんなが集まるのはなかなか大変」なのだそうですが、是非レギュラーバンドとして続けていって欲しいですね。


Report by - Caroline 
■■■

HOME | column | blog | bbs | biography | discography | live information
Copyright 2001 Shigeo Fukuda