■ INNER VIEWS Concert at STB139 Oct.17


広い店内は2F席も含めて200人以上のお客さんが入ります。天井も高く、ステージも客席より一段高くなっていて、普段のライブより、ちょっと改まった雰囲気です。福田さんも「オスマシ」して出てくるのかなぁ? そんなことを思っているうちに、広い店内は2階席までお客さんで一杯!今日は若い女性が多いですねぇ。ライブハウスでよく見かける方も多くいらっしゃいます。今日はスペシャルライブですからね。



佐藤恭彦(b)&本田珠也(d)
店内の照明が落ちて一瞬静かになると、ステージに福田さんが登場。今日は、カジュアルな茶色のスーツというイデタチです。
佐藤“ハチ”恭彦(b)、本田珠也(d)というバリバリのリズムセクションを従えてのステージです。そして、もう一人スペシャルゲストに中西俊博(vln)。今日は、どんな一面を見せてくれるでしょうか。さぁ、1st Stageが始まりますよ。

因みに本日のプログラムは以下の通りです。INNER VIEWS からの選曲と、前作 BLESSING からの選曲に加えて、ゲストの中西さんのオリジナルという構成です。そして、出来たてホヤホヤの未発表曲も。

1st Stage

1)INNER VIEWS
2)MOHAWK DRIVE
3)HERE'S THAT RAINY DAY
4)BOP BE
5)BLESSING〜SINCERELY(心をこめて)

2nd Stage

1)PRETTY BLUES
2)RACHEL'S LAMENT
3)GO AHEAD NIGEL
4)SOMETIME THOUGHTS(新曲)
5)OLD &NEW
6)DON'T BE SILLY
アンコール)HEY JUDE


1曲目は「INNER VIEWS」今回のアルバムタイトル曲です。イントロのピアノソロは、水の波紋がキラキラと広がって、木の葉が風にそよぐ、そんな自然の景色をイメージさせます。テーマに入ると、スーと滑るような心地よいスピード感。今日は中西さんも加わって、凛とした空気をも感じさせる音です。


中西俊博(vln)

1st Stageで印象に残ったのが「BOP BE」。キース・ジャレットのナンバーで、福田さんのライブではもうお馴染みです。毎回白熱した演奏を楽しませてくれるのですが、今日も期待に違わぬ演奏です。「これでもか!」ってくらいのシャープなグルーブにメラメラとヒートアップしていくソロ。ホント「参りました〜。」って感じです。あぁ、ドキドキしてきちゃった。。。

「RACHEL'S LAMENT」は、オリジナルテイクも非常に美しい仕上がりですが、今日は中西さんが加わってひときわ印象的です。「オレの曲って、バイオリンと結構相性がよくて自分でもビックリしたよ」と福田さんもビックリするほどの素晴らしさでした。それにしても、福田さんのピアノって、芯が通ってクリアなのに、尖っていないから不思議ですね。透明な水のように、いつの間にかそっと心にしみ込んできて、いっぱいに満たしてくれます。

そして、面白かったのが、「GO AHEAD NIGEL」。もうお馴染みになりました、福田さんが大好きなF1ドライバー、ナイジェル・マンセルに捧げた曲です。「不敵な」感じがちょっぴり福田さん自身とも重なって聴こえませんか?「今日はいつもとちょっとだけアレンジが違うので、最後までお聞き逃しなく」と言うので注意して聴いていると、アレレ?もうすぐ終わりそうだけど、いつもと同じだぞ...と思いきや!エンディングの直後、レーシングカーの通り過ぎる音が!!なんと中西さんお得意のバイオリンによるパフォーマンスでした。これには会場大ウケ。後で聞きましたが、結構難しいんですって。中西さんが居ないと聴けないのネ。

そんなこんなで、あっという間に最後の曲になってしまいました。「DON'T BE SILLY」で幕をおろした今日のステージですが、満場の拍手が鳴り止みませんでした。アンコールに応えて演奏された「HEY JUDE」も素敵でしたよ。
ホント今日来てよかったなぁ。

 
Report by - Caroline 
■■■


HOME | column | blog | bbs | biography | discography | live information
Copyright 2001 Shigeo Fukuda